なぜ赤羽はそんなに人気があるのか

今年2020年3月下旬に赤羽に15年ぶりに舞い戻ってきました。なぜ戻ってきたかの理由を話し出したら止まらなくなってきそうなのでやめますが、大きな理由の一つに”魅力”があるからでした。

まず1つには、住み易さがあります。2つ目は、意外と仕事もしやすい。3つには、人情味あふれる街、が挙げられます。

どれも重要な要素ですが、実際に住んでみないと実感がわかないかもしれません。わたしは、学生時代から都内をあちこち住み歩きました。その時々で住んだ場所には思い出があり、どこの捨てがたい魅力があるのですが、一番の魅力がある街として赤羽が上がってくるのです。

住み易さの、第一条件(これはわたしの独断と偏見かもしれない見地からですが)は近くに大きなスーパーがあることです。赤羽には、西口にイトーヨーカドーが東には、ダイエーと西友があり。どの店舗も結構大きいのです。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

スポーツ選手と女性

瀬戸選手のいけない遊びの報道を見聞きするに、なぜかしら北天祐のことを思いだしました。

元モデルの女性と貴景勝が婚約したニュースをWEBニュースでよく読んでみると、千葉姓のその女性は北天祐の二女だったそうです。

現役のころの北天祐の印象は、いまでいうイケメンでした。端正な顔立ちで、実力もあった大関だったのですが、横綱にはなれなかった。その理由というのが、銀座でもてまくったからというまことしやかな噂話です。

力士が出世を阻まれる理由として、酒・女・ばくちというのがあります。世に恐ろしきは、女性の魔力でしょうか。遊んでも、おぼれてはいけませんね。特に、将来有望なスポーツ界の方々には。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

正代優勝おめでとう!

正代優勝おめでとう、と言ったってこの声が彼に届くとは思えないのですが、とにかくおめでとう。

この力士の悪いところは、立ち合いでぶちかますとき、上体がそって、あごが上がることです。また、新十両の会見の時「誰ともあたりたくありません」と言ったことで”ネガティブ力士”という烙印を押された精神面の弱さも欠点でした。

こういった、弱点があるのにもかかわらず、今場所優勝できた28歳の関取の勝因は、1つには、立ち合いの馬力でその欠点をカバーできることを信じて対戦相手に向かったことや、もう1つ大きいのは地震や災害で疲弊した地元を訪問した際に、湧き上がる声援で自覚が芽生え責任感が醸成された精神面でしょう。

熊本の星ということもできましょうが、古くは野球界の川上哲治、柔道界の山下泰治などスポーツ界に置いては、著名な実力者を輩出した県です。今度は、相撲界のレジェンドとして長く語り継がれる力士となっていくよう精進を期待したいですね。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

タオルの吸水性実験

先々週からプールで泳ぎを再開しました。実に10数年ぶりです。その時に感じたのは、今治バスタオルの吸収性です。

1回目に、通常の無撚糸のバスタオルを持参してプール上がりの体を拭きましたが、ずっしり重くなりしかも吸い取りが悪いという現象が起きました。そのバスタオルを2回目には使わず今度は、今治産のバスタオルで体を拭きました。するとどうでしょう、どんどん水分がタオルに吸収されていくようで、ずっしり重くなるどころか、まだまだ吸収できますよと言っているような風情でした。

さすが今治のバスタオルは吸収性が良いです。シャワーを浴びて全身を拭いても全然びしょびしょにならない。あと1~2回シャワーを浴びても全身拭い去ってくれるような余裕を感じました。

もうプール後使用後には、今治バスタオルしか使わないぞ、と決心した次第です。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

名入れカレンダーをどう営業に結び付けるか

たかだか数100円の販促物だといって、ばかにしてはいけません。この名入れカレンダーにより相当な実績を上げている方々を見ているからです。

1つには、お客さんとアポイントを取りやすくなります。2つには、会社の宣伝になります。3つには、休眠客の掘り起こしになります 4つには、新規開拓の手助けになります 5つには、お客さまとより親しくなり、カレンダーを配られるのを毎年楽しみにしていただけます。

いいことばかりですが、費用はかかるので、その生かし方が問われます。生かし方を間違えると、店で買ってきてカレンダーを渡すだけになってしまいます。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

たかがメモ帳、されどメモ帳

オフィスワークをしている人なら、必需品だと思うのがメモ帳です。どんなシチュエーションでも、メモ書きはしますし、素材は紙だから重宝されるということもあります。

ギフト屋をやっていると、手軽に人に渡せて、しかも年中使ってもらえる商品は限られてきます。メモ帳は、特に会社勤めの人に喜ばれます。家庭でも使わないことはないでしょうが、お子さんにメモを書いてテーブルの上に置くとか、主婦が買い物に行く場合に走り書きしてスーパーに持って行くとかで、オフィスにいて使うほどには頻繁には使わないでしょう。

サイズは90X120mmが標準です。これがわたしが今まで自分で使ってきて一番使いやすい。その次は、」98X100mm。少し大きめの103X140mmも情報をたくさん書くときには必要ですね。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

何歳まで働くか、何のために働くか

このタイトルは少し重いのですが、当然働く人は考えなくてはならない問題でしょう。まず何歳についてですが、わたしは齢還暦を過ぎておりますが、80歳を目指しております。

そして何のために働くかと問われれば、お客様のためという優等生の答えが真っ先に浮かんできます。

働く年齢や、働く目的は、個人差があり答えは千差万別だと思います。ただ確実にどんな人にも当てはまる原則は、人は働くことで毎日充実した日々を送れるということです。

趣味に生きる人もいるかもしれませんが、それにはお金が必要ですから働かないわけにはいきませんね。

わたしは自分が仕事が好きですから、仕事さえあれば充実した毎日を暮らせます。それが精神衛生上最も良い過ごし方だと信じて疑いません。

人生の目的とかとい難しい問題ではありません。毎日する仕事があることが幸せだと思って、日々仕事に向かっています。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

新総理誕生

内閣支持率74%は、小泉内閣、鳩山内閣につぎ記録が残る1987年以降3番目に高い支持率だそうです。

政治的手堅さ、人格、安定性などが評価されたようです。わたしも同じような意見ですが、ひとつには、現状の政治状況の中でコロナが収まるまでは安倍内閣の政治姿勢を変えてもらいたくないと言うのもあるのではないかと思います。

菅総理が人格者かどうかは知りませんが、官房長官として常に記者会見に臨む姿は好感が持てました。ただし内政はともかく外交手腕は未知数ですね。ただでさえ混とんとする東アジア情勢において日本の立ち位置はかなり微妙なものがあります。

中国は相変わらず覇権を狙っているし、韓国はいまだに反日姿勢をくずしていない。さらに北朝鮮は人質を帰す雰囲気さえ感じられない。どうかじ取りをしていくのでしょうか。

また内政にしてもコロナがもたらした経済停滞の打破や、予算をつぎ込んで企業を救ってきたつけの対応をどうしていくのか。

難題山積ですが、どうか頑張ってもらいたいと言うのが本音です。

そして健康にはくれぐれもご注意を!

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

名入れカレンダーは販促物です(特にQRコードについて)

名入れカレンダーの受注も最盛期を迎えています。しかしながら、名入れカレンダーを大事な販促品と考えてお配りになっている企業さんは、どのくらいの比率でいらっしゃるのでしょうか。

当然名入れカレンダーを製作するにはお金がかかります。ただ単にお金をかけるのではなく、企業PRの目的や営業活動の一環として入念に計画して製作に取り掛かることが大切です。

今名入れの文面で流行りは、QRコードを入れることです。配った先の法人さんが、そのQRコードを有効に利用してくれるか否かは、わかりませんが少なくとも企業の宣伝に利用するには最適です。単に会社案内だけではなく、動画配信YUTUBEなどなど色々応用編はあります。

企業は配りっぱなしではなく、配る際あるいは渡した後に、このQRコードはこうして使ってくださいと、説明を必ずするべきですね。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/

来年こそいい年であるように

年末年始のギフト販売していつも思うことがあります。みんな来年こそはきっといい年になるようにと願っている。それは端的にギフト品の売れ具合にあらわれてきます。

例えば、今販売している商品の中でゴールドウエットティッシュという商品があります。今年は特に売れ行きが良く、時代を反映しているのかなと思ったりしています。

このぬれティッシュを見ると一瞬目がまぶしくなります。きんきらきんのピロー包装、要するに金ピカの包材に包まれているティッシュ10枚入り商品です。39円と安いこともあると思いますが、これを受取ったお客様は例外なく、お金のにおいを感じるに違いないのです。

誰しも貧乏にはなりたくないはずです。今年が不景気で収入が激減している人など特に、来年こそはお金が一杯入ってくる夢を見たいと思っているはずです。

なんでも縁起のいいものなら身近に置きたい、そう考えるのが大多数でしょう。このゴールドウエットティッシュにはそんな魔力を感じます。これを配る人も何かリッチな気分が高揚して渡しているに相違ありません。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/