非接触の機会が増える

先日テレビのコマーシャルを見ていたら、エレベーターのフロワーの行先ボタンを押さなくても指をかざすだけでランプがつく仕組みを作った会社があり宣伝していました。これはヒットするだろうなと思った次第です。

わたしが常日頃触りたくないものに、電車の吊革があります。つかまらなくても揺れさえなければ、つかまらないのですがどうしてもつかまりたくなります。どんな他人がつかまったかわからないのでいやな気分です。

また最たるものはお札です。これも触りたくない。小さい時お袋にお札は汚いから、お札を触った後は手を良く洗ってから食事しなさいよ、とよく言われたものです。皆そう思っているのか、スーパーやコンビニで支払う際カードで支払う人が最近特に目立つようになってきました。

このようなコロナ禍の世の中になってくると、改めて非接触の方法を探そうという動きが至る所ででてくるでしょうね。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/