名入れカレンダーを頼み忘れた方に

年末近くになると必ず名入れカレンダーを頼み忘れた方がいらっしゃいます。そんな時どうするかが、今回のテーマです。

配る先様は毎年使い慣れたカレンダーがいいわけですから、同じタイプのカレンダーをもらえると思っているはずです。配る営業マンを橋本さんとします。橋本さんは、頼み忘れてあわててわれわれ業者に頼むのですが、もうそのタイプのカレンダーは品切れになっているかもしれません。

そこで類似品を頼むわけですが、配る相手様は少し怪訝な顔をされるかもしれません。しかしながらそれは織り込み済みにしなくてはなりません。デザインがにかよっているものはいくらでもあります。今年度は我慢してもらって、来年はまた必ず今までのカレンダーをもってきますから、と言いつつ渡すしかありません。

そもそも名入れカレンダーは、受け取る方はたたでもらえるわけですから、クレームにはなりません。無料でもらいたいので、デザインが多少かわってもまあいいかと思って手渡されるカレンダーを使うに違いないのです。

度胸を決めてお客さまの元に訪問してください。きっとにこにこして受け取ってもらえます。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/