コントレイル三冠について思うこと

昨日10月25日に行われた菊華賞レースにおいて、コントレイルが勝ち三冠馬になった話です。わたしはもともとそれほど競馬には興味ないのですが、こと勝負に関して言えば興味が大ありです。

同日の夜、これもNHKで放映された”麒麟がくる”で登場する織田信長とも重なります。勝負に勝つということが、いかに大事かということです。参加することに意義があるなどと、のんきなことを言っている場合ではありません。出るからには勝たなければならないのです。

この馬も圧倒的な強さで勝ち上がってきましたが、このレースでは首差でのひやひやの勝利でした。しかしながら結果的には1番です。勝利することがいかに険しくいかに重要なことかです。

だから皆勝利することにこだわるのではないでしょうか。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/