販促品の将来

大企業の宣伝は、資金力に物を言わせ大量のCMをTVに露出させ、各メディアに広告を打ちます。一方資金力の乏しい中小企業は、お金を使えないので、その分知恵を絞ります。

われわれ販促業界に携わる人間は、その手助けをしていると信じて活動しているはずです。カレンダーにしても、タオルにしても数百円で宣伝ができるのですから、安いものです。おまけにインターネット広告であれば、興味のある人がその宣伝をクリックしたときだけ課金するという便利で効率的な仕組みを活用できます。

ものに託して広告宣伝するのに長けているのですが、その使い途をもっと工夫する余地は無限にあるように思えます。先日親しい方から、食べられる緩衝材・・・中身はポップコーン、を紹介されましたが、まさにこういうことです。

お金を使うのではなく、まず頭を使うことを身上としたいですね。

名入れ卓上壁掛けカレンダー : http://www.naire-calendar.jp/