名入れタオルと名入れカレンダーの違い

名入れタオルと名入れカレンダーはどちらも年末年始に配るものですが、共通点も一杯ありますが違いも歴然としてあります。

1.まず配る時期が違います・・・名入れカレンダーは、早い人はもう10月初頭から配り始めますが、名入れタオル特にお年賀タオルは年初から配り始めます。

生保の営業の方などの配り方を見ていると、完全に営業サイクルの中に組み込まれています。ただ配るのではなく、単純にご機嫌伺いや、1年間全く連絡も訪問もしていない既存客の方を訪問するという目的だったりします。名入れカレンダーを配ることによって、相手は快く会ってくれることが多く、営業がしやすくなる効果が期待できます。カレンダーほど毎年使用し見慣れている内容のものが好まれるものは他にないからです。

相手が来訪を待ってくれるなんていう機会はそうあるものではありません。それだけにカレンダーは重宝される訪問ツールなのです。