パーソナルユースとパブリックユース(そうめんの例2)

法人ギフトで多い価格帯は、3000円から5000円の印象です。弊社がお得意先に配るそうめんは、ほぼこの価格帯に入っており、揖保乃糸木箱入りなど贈ったさきの方が、すぐそれとわかる銘柄です。

会社対会社ならそうですが、営業をしている方々は少し事情が違うようです。価格は、300円までいかないものが好まれ、個人のお客様や法人でも会社宛てというより会社にいる個人へのギフトという形で贈ります。

選ぶ際、独身か家族がある方かで束数が変わってきます。おそらく一番手軽なのは、5束入りですが、家族が多い方に贈る場合なら10束と言ったところでしょうか。銘柄は揖保乃糸に限りません。但し、機械麺と手延べ麺では味が違いますので、気を遣う方はその違いをわきまえて贈る傾向があります。

家庭で食べるために、主婦がスーパーで買うそうめんと、法人営業に使う目的で購入するそうめんとでは、目的や内容が違ってきます。