【2020年東京オリンピック】開催スケジュール

昨日は男子団体が世界選手権大会で見事3位に入り、早々と出場権を得たという報道がなされました。

東京オリンピックに向けての競技もだんだん盛り上がりを見せてきていますね。

2020年のオリンピックに向けての祝日も、商売柄気になるところです。そこでもう1回おさらいをしてみました。

以下内閣府のホームページより抜粋

「国民の祝日」について

平成32年(2020年)以降、「体育の日」は「スポーツの日」になります。

国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成30年法律第57号)が平成30年6月20日に公布され、国民の祝日である「体育の日」の名称が「スポーツの日」に改められ、 その意義は「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」とされました。(施行日:平成32年1月1日)

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について

平成32年(2020年)に限り、「海の日」723に、「体育の日(スポーツの日)724に、「山の日」810になります。

平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年法律第55号)が平成30年6月20日に公布され、 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な準備及び運営に資するため、同法第一条により、「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられました。(施行日:平成30年6月20日)

内閣府のホームページにより、詳細はご理解できたかとは思いますが、ここ整理します。

・東京オリンピックの会期は、2020年7月24日から8月9日までの17日間

・7月24日はスポーツの日(今までの体育の日から変更)で祝日、前日7月23日は海の日をここに移動して

祝日(23日が木曜日であることから25日(土)26日(日)まで含めると、4連休となります)

・会期終了日(閉会式)は8月9日(日)で、その翌日10日は山の日をここに持ってきて祝日休み、8日土曜日からこれも3連休となります。

政府も苦労して日程を調節したものです。もちろんオリンピックに携わる方々の計り知れない努力もあるでしょう。

ここまで皆さんが苦労を重ねているのですから、オリンピックは盛り上がらないわけはありませんね。

期待しましょう!

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【ドラフト会議】

昨日ドラフト会議があり、有力選手はこぞって指名されたようです。その中でもわたしの関心事は、小さいころからファンだった巨人がどう補強していくのか注目されたのですが、ずいぶんくじを外したものです。原新監督のコメンとでは、高校生中心で将来楽しみな補強ができた、と強気なことを言っていましたが、本心はどうなんでしょうか。

昔巨人は腕力と金力で有望選手を根こそぎかき集めたものですが、今やその面影やなしです。たまにしか今はスポーツ欄の野球の記事は見なくなりましたが、巨人の選手で知っている名前の選手がほとんどいなくなりました。わたしが小学校、中学校の時代は巨人全盛期で、9連覇したあたりの選手の名前は控えの選手までも全部空で言えるくらいでした。

巨人を頂点に、テレビ放映で活気づいていたプロ野球の世界でしたから、巨人が強くなくてはならなかったのです。その強い巨人を倒そうとする姿に、日本中が歓喜したのでした。今やどうでしょう。言葉は悪いが、日本のプロ野球はメジャーリーグの2軍になり下がったような感じすらしてつまらなくなりました。

これはあくまで、個人の印象を述べただけですが、そう思っている人もわたしのほかにいるのではありませんでしょうか。

プロ野球界がドラフト会議をするようになって平準化するのはいいのですが、目玉商品としての価値をスタープレーヤーが創出していって欲しい。そしてその方々が中心になって明日の日本のプロ野球を盛り立てていって欲しいものだと思います。

しかしながら、メジャーに行った大谷の様にメジャーに行って注目を浴びる選手も多い。メジャーはだてに給料が高いだけではありませんね。くれぐれも日本のプロ野球が、メジャーに選手を提供するだけの養成機関にだけはなって欲しくないものだと強く思います。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【世界最長海上橋、10月24日開通】

世界最長の海上橋が本日10月24日に開通するという。香港からマカオ・珠海までの55kmという報道だが、マカオは過去1回だけ行ったことがあるだけに、懐かしくこの新聞記事を読みました。

というのもまだうちの父親も母親も、家内の父親も存命の時期で、わたしの両親、家内の両親、それにわたしと家内の6人でマカオに渡ったからでした。たぶん25年くらい前のできごとです。その時は香港島からフェリーに乗って1時間くらいかかった記憶があります。

報道によるとフェリーを使うと今まで1時間かかっていたのが、この橋の上を通行すると30分で行くことができるようになるそうです。

1時間でも皆が活きているときに、行った思い出は懐かしく思いだされます。それにしてもこのプロジェクトにかかった費用は、何と約1兆6千億なり、だそうです。急成長し続けている中国だからこそできる芸当ですね。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【人間の寿命】

昨日の報道の中で新聞に躍る記事としては、派手さはないですが、デザイナー界では、知らない人がいないくらい有名で、その名が燦然と輝く芦田淳さんがお亡くなりになりました。死因は肺炎で、年齢は88歳だったとのことです。早すぎる死ではないにしても寿命だったのかなあ、という感じがします。

わたしはむしろデザイナー系の世界は、まったく疎いと言っていいくらいですが、芦田淳さんを存じ上げていたのですから相当有名な方でいらっしゃるのでしょう。そしてその業績も皇室関係の服のデザインが知られていると言いますので、腕利きのデザイナーだったことがうかがわれます。

寿命というのは誰にでも訪れることですが、その寿命の中でわれわれは、後世に何を残していこうかと奮闘努力しているに違いないのではないでしょうか。わたしは何も取り絵のない家庭の主婦よ、と思っていても我が子を育てその子を世に送り出した功績があるのではありませんか。

寿命があるから、後世に何かを残していきたい。自分が意識しなくても人はそうやって日々を暮らしているのだと思いたい。ましてや生きている間に後世の人たちの為に何かを残していきたい、そう思うことは大変貴重なことのように思います。

芦田淳さんの訃報に接して、ふとこのようなことを考えさせられました。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【田舎暮らしについて】

昨日テレビを見ていたら、離島に住む家族の風景が映っていました。
その中で特に印象的だったのが、山村留学制度でこの島に1年の予定でやってきた埼玉は蕨市在住の少年の姿でした。

埼玉にいるころは、夜食事が終るとごろりと横になりファミコンゲームに夢中になっていたそうだが、この島に来て夜は9時に寝て、昼間は学校に行く前や戻ってきてからは、海に潜って魚などを取るのが楽しくて仕方ない様子でした。

この少年は、はたしてこういった田舎暮らしに魅せられて将来もこのような地で暮らし続けるのでしょうか。

わたしも山に囲まれた田舎の村で幼少期を過ごしたので、田舎暮らしの雰囲気はよくわかります。ただし、わたしの場合は早く都会へ出て、自分の可能性を都会で試したかったように記憶しています。

人によって人生の選択は変わると思います。そしてそれを可能にするのは、国情の安定です。こんないい国に生まれ育ったのですから、特に少年少女に言いたいのですが、自分の人生をどうしていくかじっくり考えたらいいと思います。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【名入れカレンダーについて】2019年のカレンダーはこう変わる

先週政府の閣議で、2019年の休日の件が話し合われ休日の件は、下記の様に決定したとの報道がなされました。

1.5月1日の即位の日は日にし、したがって休日法により4月30日と5月2日も日となる

2.4月30日は退位の日で日、10月22日は即位礼正殿の儀で日、12月23日は平成の天皇誕生日で日とする

3.したがって、4月から5月にかけては4月27日が土曜日にあたるため5月6日まで10連休とする

その他天皇即位に関しては、2020年の2月24日は月曜日ですが、新天皇の誕生日が2月23日の日曜日なので自動的に翌月曜日24日は休日になります。2020年以降は、2月23日は祝日になります。

2019年は、大幅に休日が増えて子供は大喜びでしょうけど、仕事をしている人にとっては大変な影響がありそうです。われわれカレンダー、名入れカレンダー製作販売に係る者にとっては、対応に大わらわの1年となりそうです。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【輪島大士―天才力士説】

連日のように輪島の評伝が飛び交うネットニュースやら新聞記事を読んでいるうちに、
わたしの中で一つの結論じみた総括的な人物像を作り上げた。

“輪島天才説”

もともと彼は、肩幅が広く少し猫背だった。これは相手の圧力をうけとめるのに最適な体型だったようだし、
身長186cmで体重はどんなに重い時でも130kgだった体型を鑑みる時これも理想な力士像だったのではないかと思うわけである。
この体型を生かすには、下半身を充実させて下から下から相手を絞り込む戦法がいかに適していると輪島が高校生の時にすでに思いついていた節がある。

いろいろな彼にまつわる記事や記録を読みこなしていると、彼の原点は金沢高校時代で、徹底的に鍛えられた岡大和相撲部監督の存在が大きかった。
そして彼の気づきは、本人曰く「岡監督の指導のもと黙々と四股を踏んだ。高校時代が一番稽古したなあ。あれが僕の基礎を作ってくれた」と述懐していることからもわかる。

そして極めつけは、次の発言であろう。

「僕は体がないから、相手の重心が崩れかけた一瞬に投げないと決まらない。走ったのは瞬発力をつけるためだよ」

輪島が破天荒の生活をしたり、稽古嫌いで稽古の時間中さえも煙草をふかして喫茶店でコーヒーを飲んで新聞や雑誌を読んでいたいたというまことしやかな伝説もこの輪島天才説で証明できる。

結論から言うと、高校時代に自分の相撲の勝ちパターンを発掘しそれを徹底的に型にまで昇華させたこの事実こそが、すべての彼のその後の相撲人生の解析をしてくれる。

彼の相撲力士としての超理想的な体型と、高校時代に目覚めた自分の相撲の取り口の型作りの完成が“天才力士”を作り上げていった。後の人生は、高校時代に貯めた貯金を少しずつ引きだしては使い引きだしては使っていればよかった。そして引退に追い込まれた時期に、その貯金を使い果たしてしまった理論である。

以上の結論から、彼の型破りと思われる角界入り後の人生を説明できる。

そうです。“稽古をしなくても勝てるんだから、稽古しなくてもよかったのである”

そして破天荒な生活をしても強くて優勝をし続けるから世間も非難どころか拍手喝采だったわけだ。

このような不世出な力士は今後出てはこないだろう。それこそわたしの頭の中で、地球の存在自体に彼の存在をダブらせたような感覚が沸き上がる。この宇宙の中で地球程生命が存在する環境になり得た惑星はない。だから“奇跡の星”なのだ。そしてこの“蔵前の星”もやはりすべての天才を生み出す要素が限りなく奇跡に近い確率でこの力士の精神と肉体に下りてきた結果なのだった。

だから“天才”であり、天才はめった巡り合えない存在だからこういう人物に巡り会えたのが奇跡なのである。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【輪島大士】

本物の輪島ファンなら、大士は“たいし”と読まず“ひろし”と読む。更にマニアックなファンは本名が“博”であることを知っている。
輪島が昨日亡くなった。石川県は能登半島・七尾市出身の70歳、まだ亡くなるには早過ぎる年だ。

しかしながら、北の湖、千代の富士と歴代の伝説の強靭な肉体を持つ元横綱達がこの厄介な病で倒れたのに続く輪島の死に接すると、
むしろ諦めすら感じる。晩年は咽頭がんを患って手術をしたことから声まで失って筆談でインタビューなどに応じていた。

輪島と言えば、“黄金の左”が有名であるが、その言動や立ち振る舞いの派手さも独特だった。ある人に言わせれば、
相撲界では“破天荒”な生き方だったという。パーマをかけたのはご愛敬だとしても、リンカーンコンチネンタルで国技館に駆けつけたり、
ホテルから相撲の稽古場に通う、稽古にランニングを採用する、一晩で500万円を散財し借金で返したなど武勇伝は数知れずである。

極めつけは、現在の懸賞金をめぐる協会の対応の仕方である。今や相撲ファンならずとも、
懸賞金1本の値段は6万円ということは知れ渡っているが、輪島が懸賞金を受け取ってその日のうちにぱーと懸賞金を使ってしまって、
税金を払う金までなくなってしまったという逸話は関係者の間では有名な話らしい。それで見かねた協会の首脳陣が、策を練り、
懸賞金を受け取る規約をまとめ、勝って懸賞金を受取ったら、半分の3万円はその日のうちに持って帰り、
あとの半分は税金と必要経費として協会が預かり、税金を払う段になって本人に戻す、といった方策を執ったのだという。

それもこれも輪島対策からきた話だというから笑ってしまう。

私生活の破天荒ぶりは有名だが、それもこれも相撲が強かったからできた仕業である。
輪島の本も数冊読んだが、強さの基本は高校時代に出会った恩師によるおかげだと結論付けたい。
そして名門金沢高校時代に、これでもかというくらい鍛えた下半身の貯金がずっと生きていったのであろう。
何でそう思うかと言うと、角界に入ってからは、それほど稽古熱心ではなくむしろ稽古嫌いで通っていたからである。
それもこれも部屋の大事な資金源である輪島を大切にし、放し飼いにしてきた花籠親方にも責任の一端があるかもしれない。
親方も輪島には甘かったのである。

取り口にも独特の才がある。伝説と化した“黄金の左”を差したら、相手力士は“蛇に睨まれた蛙”である。
そのうえ強烈な右おっつけで相手が浮き上がるものだから、あとは伝家の宝刀、左腕から強烈な投げを打つだけで相手はひとたまりもなく簡単に土俵に這うのである。
今の力士でここまで完成度の高い廻しの名手は存在しない。
ぶくぶく太るばかりで、ちょっといなされたり、はたきを食うとたちまち土俵の上にばったり倒れることになる。

彼の持ち味は鍛えあげられたその下半身の強靭さにある。
あの強烈な北の湖のつっぱりも、しぶとい同期の貴ノ花の強烈な投げにも決して屈しなかったあの下半身の粘りである。

時間がたてばたつほど、足裏が土俵にぴったりくっついて離れない、重心がさらにさらに低くなる。
相手力士、特に腰の高い力士はこれだけでも体が浮き上がってしまう。それほど輪島の相撲には魅力があった。

わたしも、ある部屋の千秋楽のパーテーでよくお見掛けし、一言でいいからお話を直に聞きたかった。というのもその機会があった時にはすでに、“筆談”の方法しか取れなったからである。それが今でも悔やまれる。

いまだに学生相撲出身で横綱まで昇りつめた力士はいない。
そして輪島ほど魅力に満ちた“天才”力士も出現していない。

後に続く伝説の力士はどこにいるのだろうか。

記憶に新しいところで1億円の報奨金をさらったマラソンの大迫、テニス界にも、卓球界にもはたまた女子競泳陣にも新星が次々現れている。

相撲界にもぞくぞくするようなヒーローが現れるのを今か今かと待ちわびる毎日である。

元輪島関に、合掌。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【セカンドバッグの衝撃】

“衝撃”などという題目はいささかオーバーすぎるかも知れませんが、
先日久しぶりに愛用の黒いセカンドバッグを手にして駅を歩いていて妙な違和感を感じた出来事でした。
新宿駅は比較的若い世代の人たちが行きかう駅ですが、それでも少しくらいはセカンドバッグを持って歩いているだろうと、
歩行者の特に男たちが持ち歩いているバッグに注目して歩いていました。

ところが行けども行けどもセカンドバッグを抱えて歩く姿が見当たりません。
しまいには自分がセカンドバッグを抱えているのが恥ずかしくなるくらいでした。
確かに自分もセカンドバッグを手にして外出する機会は極端に減りました。
仕事の時にはビジネスバッグを手にぶら下げて歩きますし、ちょっとした外出なら縦型バッグを肩から掛けて出かけます。
そういえばセカンドバッグは持って出かけることが少なくなったなあ、と改めて思いました。銀行に行くときくらいですかね。

原因は、両手が塞がれてしまうスマホが最大の出来事で、次に電車内やお店に置き忘れることがままあることでしょうか。

セカンドバッグ製造メーカー冬の時代到来?でしょうかね。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【大谷翔平】

日本人としてこれほどスケールの大きい打者がかつていただろうか。
しかも投手を兼ねた二刀流の選手としても評価されている。

体格も並外れてでかい。193cmもあればメジャーのどの選手と比べても引けを取らない。
22号もホームランをかっ飛ばした打撃力も素晴らしいが、本日の日経新聞の“狩猟”のたとえ話が興味深い。
一番いい球(獲物)を、じっと待つ。失投したら間髪を入れず打ち砕く。ホームラン打者としての心意気である。

記事では、江夏対落合の対戦の模様を解説していたが、この記事が妙に気になった。
かつての落合のように1球1球読みを変えていく選手のほうが投げるほうは楽だった、と江夏の談話を載せている。落合も頭のいい選手で、その江夏のコメントを聞いて開眼し三冠王を3度も仕留めたという。

ホームランを量産するコツは、もともと備わった体格体力も必要なことは言うまでもないが、かつての“王シフト”を思い起こせば、ちまちました内野のヒットで満足しないホームラン打者の野生の姿、獲物を仕留める心構えに答えを見出すことができる。

大谷は、単身アメリカのメジャーに殴り込みをかけた“サムライ”に変身を遂げつつあるようで、日本人として大変頼もしく声高らかに応援したくなる存在である。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp