【名入れカレンダーを使って営業成績を上げるご提案】NO1.お届け時期

まずライバルに打ち勝ち、お客様にも心象をよくする取り組みとしては、名入れされたカレンダーを早めに持っていくことです。8月9月はさすがに早いですが、10月の初めころなら効果は高いでしょう。なぜならライバルたちは、まだまだのんびり構えていて持参してこないからです。

また、早く配るもう一つの大きなメリットは営業をかけられるということです。年末のあわただしい時期に配っても、またカレンダーがきたかなどと見過ごされがちですが、ライバルの来ない時期なら気軽に話も聞いてもらえるでしょう。カレンダーを配りながら、面談のアポイントも取れるなら効果は抜群です。

早く配るのには、メリットがありますが、あまり早すぎて驚かれる方もいらっしゃると思います。そういう場合には、

「すぐに飾らないで手元に置いていただくだけで結構です。カレンダーを見ながら来年の暦がどうなっているか眺め、来年の計画でも立てるのに役立ててください」などとういう営業トークはいかがでしょうか。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【再び来年度2019年の暦について】

大分宣伝されてきているので一部の方はよく認識されていると思いますが、
まだまだ一般的には知られていない来年度のカレンダーの表記についてお知らせします。

1) 和暦について・・・一切表記しない方向です。2019年3月か4月、つまり天皇陛下が退位される4月30日の1か月前に発表される見通しだからです。

2) 祝日の表記について・・・ほぼ祝日になる可能性が高いのですが、カレンダーの業界では下記の様に表記することで決定済みです。

4月30日・・・30は黒色、説明として日本国国旗+退位の日は赤色表記

5月1日・・・1は黒色、説明として日本国国旗+即位の日は赤色表記

10月22日・・・22は黒色、説明として日本国国旗+即位礼正殿の儀は赤色表記

12月23日・・・23は黒色、説明として(日本国国旗はなし)平成の天皇誕生日は赤色表記

*これは補足ですが、2020年2月23日(日)は天皇誕生日となるため、翌日は24日振替休日で赤色表記となります。

お役に立ちましたか?

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【コンビニの変遷に社会構造の変化を見る】

近くにあったコンビニエンスストアがいつの間にか別のコンビニチェーンに姿を変えていました。こんなことはしばしば目にする光景で特に目新しい出来事ではありませんが、お店が経営母体を変えていくという事実よりも、この小売業自体の変遷にただただ驚くばかりです。昔懐かしい駄菓子屋はとっくになくなり、酒屋は巨大資本に吸収されその姿をほとんど見かけなくなっています。酒屋はかろうじて残っていますが、よほど独自の売り方をしない限り生き残りは難しいでしょう。

巨大資本が、市場を凌駕する歴史は新しくもないですが、社会構造そのものも変えてしまう動きがここのところその業界でも起こっています。だからといって中小零細企業が生き残ってないと言えばそうでもありません。大手資本が手を出す市場は、500億円以上の市場という話をどこかで読んだ記憶があります。

小さい市場を見出して、そこで生き残る。大資本と小資本の知恵比べが加速度を増しているのが今の世の中なのではないでしょうか。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【ベルギー戦】

速報で2-3で日本はベルギーに負けたことがわかりました。残念ですがよくやった、あっぱれと申し上げたい。

サッカーに関してはほとんど知識のない自分ですが、渋谷で狂喜乱舞、大阪の道頓堀でのジャンプ騒ぎを見聞きするとやはりすごい社会現象なんだなあと思います。

昨日のTVのニュースでは、退社時間を2時間早めた会社もあったとのこと。ここまでくると国民行事になってきたというほうが正しい表現かもしれません。

もちろん勝って8強に入って欲しかったという思いは、同じ日本人なので当然ですが、世界ランキングから見ればよくぞここまでという感はあります。いつの間にか日本も強くなっていたのですね。今後の日本人の活躍に期待したいです。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp

【自転車】

一昔前の中国やベトナムの通勤風景でまず思い浮かぶのが、あの自転車の大洪水です。
あふれんばかりの自転車の波が次から次へと交差点目指して繰り出してくるあの光景です。日本ではほとんど見かけない光景になってしまいましたが、東日本大震災の直後にはそのような光景があちこちで見られました。
よくも悪くも自転車と言うのは庶民の便利な移動手段であることは間違いありません。

今朝いつものようにマンションのエレベーター横を見ると、これもいつものように自転車が鎮座しています。
何かこちらに向かっていい加減に早く乗ってくれよ、と言わんばかりです。実はこの自転車は我が家ではかみさんしか使っておらず、
その彼女は体調が思わしくないものですから、相当長い月日自転車には乗ってないからでした。

文明の利器が次々と生まれてきている昨今です。
またこの自転車も何らかの変質を遂げるのでしょうが、使われなかったらただの鉄くずと化してしまいます。
わたしは乗る気も起きないので、しかたないこのまままたしばらく乗り手が現れるまで鎮座するしかなさそうです。まあもったいない。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp