【名入れカレンダーを使って営業成績を上げるご提案】NO1.相手先の事情を考える

どんなに売れている名入れカレンダーでも、相手先の事情を考慮しなければカレンダーを受け取っても飾ってはくれません。

例えば、大きい工場の従業員の方に渡すのであれば、工場の壁に貼る大きな(ジャンボ)サイズの壁掛けカレンダーが最適ですし、IT企業でいつもパソコンとにらめっこしているような方に使ってもらえるのは、パソコンのヨコにちょこんと置いてもらえる卓上カレンダーなはずです。壁掛けにも卓上に余白のスペースに社名とか電話番号が名入れ印刷してあれば、それを見て連絡をもらえる可能性がかなり高いというのは言うまでもありません。

このように、名入れカレンダーを選定する際には、市場では何が一番売れているカレンダーかという価値判断ではなく、配布先の相手がそのような職種かも重要な要素です。的外れなカレンダーなら飾ってくれないかもしれません。

これは、損失というより悲しむことでもあるでしょう。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷

http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp