【再び6曜について】

金融業界、建築業界では特に多いのですが、カレンダーに6曜表記をしないものを名入れしてお客様に配りなさいというお触れです。
どうして6曜を入れてはいけないのかは、いろりお理由は聞いていますが、どの説明も釈然とせず納得できかねないものが多いです。

カレンダーを見て1日や1週間やはたまた数カ月の予定を立てる方は多いと思います。
そこで、葬式だの結婚式の予定には、必ず6曜の日付が問題になってくるわけです。例えば葬式なんか、友引の日なんか最悪です。
また結婚式も今の若い人は割合と気にしなくなったといいますが、本人たちはどうでも親兄弟一族郎党、こぞって顔をしかめるに違いありません。

業界に詳しい人によると特に壁掛けカレンダーの文字だけの、文字月表に至っては、6曜表記のないカレンダーの売り上げは、数%にとどまるらしいです。買うときはもちろん、もらう人も6曜の入ってないカレンダーは家や会社にはまず飾りたくないからだと思うからです。

名入れ卓上カレンダー 名入れ壁掛けカレンダー 激安印刷 : http://www.naire-calendar.jp/ https://gekiyasu-nairecalendar.jp